店舗を展開する企業向けにキャッシュレスサービスを提供するアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井 陽介、証券コード:4015、以下「アララ」)は、この度、福岡県福岡市を中心にスーパーマーケットを展開する株式会社フードウェイ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:後藤 圭介、以下「フードウェイ」)に、ハウス電子マネー(※1)機能を搭載した販促支援ツール「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたことを発表いたします。
9月7日のフードウェイマルシェ大畠店を皮切りに、ポイント機能付きハウス電子マネー「フードウェイカード」の提供を順次開始いたします。
※1ハウス電子マネーとは、店舗を運営する企業名義で発行されるプリペイド型電子マネーのこと

【導入背景】
・キャッシュレス化が進むにつれ、それに伴う手数料も増加しており、効率的かつお客様へ還元できる決済手段を検討していた。
・レジ処理に一定の時間がかかっており、お客様をお待たせしない施策を考えていた。

【導入メリット】
・手数料を現状より抑えることができる。
・決済時のデータ通信時間がクレジットカードに比べ短く、現金のやり取りも不要なことから、レジ処理時間の短縮につながる。
・スピーディーな決済で、お客様のストレス軽減が期待できる。

なお、9月7日にサービス提供を開始するフードウェイマルシェ大畠店では、9月13日までの7日間、「早期切替・入会特典キャンペーン」を実施。新規入会の場合はカード発行費用が無料、切替の場合は100ポイントが付与されます。
また、期間中はチャージ額10,000円ごとに100ポイントを付与。なお、他店でも提供開始にあわせ、順次キャンペーンを実施予定です。

■カード概要
カード名称:フードウェイカード
年会費:無料
カード発行費用:無料
チャージ単位:1,000円
チャージ上限:1回49,000円まで

■「point+plus」について (https://pointplus.jp/
「point+plus」は、ハウス電子マネーやポイント機能、顧客データに基づくメール配信機能を付加することができる店舗向け販売促進サービスです。リアルタイムでのカード利用実績取得機能も備えているため、データにもとづいたキャンペーンの実施等、タイムリーなマーケティング活動を支援します。

<ハウス電子マネーが選ばれる理由>
・柔軟なキャンペーン設定ができる
・キャッシュフローの改善が見込める
・顧客のロイヤリティアップ・再来店促進につながる
・導入しやすい手数料率

■株式会社フードウェイ(https://www.foodway.co.jp/
株式会社フードウェイは、フードウェイグループの1社として、スーパー事業を展開しています。「当たり前の事を当たり前にやる」という創業当時から目指していた衛生面、クリーンネス運動の徹底をはかり、 「安心」「安全」をモットーに食肉小売業、スーパー事業のレベルアップを進めています。「炎の商人(あきんど)」としての 気持ちを忘れることなく、常にお客様に喜んで頂ける店舗作りの実現に向け取り組んでいます。