店舗を展開する企業向けにキャッシュレスサービスを提供するアララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井 陽介、証券コード:4015、以下「アララ」)は、この度、株式会社スーパーサンコー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:西野佳道、以下「サンコー」)が展開するスーパーマーケット「スーパーサンコー」において、ハウス電子マネー(※1)機能を搭載した販促支援ツール「point+plus(ポイントプラス)」が採用されたことを発表いたします。

※1ハウス電子マネーとは、店舗を運営する企業名義で発行されるプリペイド型電子マネーのこと

大阪市内を中心に12店舗のスーパーを展開するサンコーは、常連客へのサービス強化やコロナ禍での感染リスク低減を目的に、ハウス電子マネー「サンコーPay」を導入するにいたりました。7月15日より丸和店でサービス提供開始となります。

サンコーでは、これまでポイントカードを導入しており、今回、新たにポイント機能とハウス電子マネー機能をもつ「サンコーPay」を導入することで、消費者に対するチャージ時のプレミアム付与をはじめ、キャンペーンの充実を図り顧客満足度の向上を図るとしています。また、レジ処理の簡易化による利便性の向上も見込むとしています。

    ■カード概要

  • カード名称:サンコーPay
  • 発行手数料:200円
  • チャージ上限:1回49,000円まで
  • ポイント付与:常時5000円以上のチャージで1%付与。毎週土曜日は5,000円以上のチャージで2%付与。
■「point+plus」について (https://pointplus.jp/about/

「point+plus」は、ハウス電子マネーやポイント機能、顧客データに基づくメール配信機能を付加することができる店舗向け販売促進サービスです。リアルタイムでのカード利用実績取得機能も備えているため、データにもとづいたキャンペーンの実施等、タイムリーなマーケティング活動を支援します。

<ハウス電子マネーが選ばれる理由>

  • 柔軟なキャンペーン設定ができる
  • キャッシュフローの改善が見込める
  • 顧客の囲い込みにつながる
  • 導入しやすい手数料率
■株式会社スーパーサンコーについてhttp://www.super-sanko.co.jp/index.html

株式会社スーパーサンコーは「地域一番店」を掲げ、「消費者に頼られ愛される地域密着型の店」として今までにない発想での店舗作りやユニークなサービス展開をしています。