よくあるご質問

導入に関して

導入に必要な環境はありますか?
インターネット接続の環境が必須となります。
導入するまでにかかる期間はどのくらいですか?
弊社専用端末を利用する場合、カードの印刷を含め3ヶ月程度かかります。
どのくらいの店舗規模の企業が導入していますか?
数店舗単位から大規模チェーン店まで柔軟に対応しています。

運用について

電子マネーとポイントプログラムとの連携は可能ですか?
可能です。チャージ時または決済時にポイントを付与することができ、1枚のカードで電子マネーとポイントを同時に管理することができます。
カードのご利用状況などは一元管理できますか?
レピカでは、チャージもポイントも、カードのご利用データはデータセンターでリアルタイム処理し、マーケティングに活用できるデータとして管理ツールにて閲覧頂けます。
期間限定キャンペーンをやりたいのですが可能ですか?
もちろん可能です。ニーズの高まる時期にはプレミアムやポイント付与率を上げるなどして
ロイヤルカスタマーの形成にお役立てください。
カードはすぐに金券として使えますか?
チャージする前は金券としての価値がない、ただのプラスチックカードです。
それ自体に価値のある紙製の商品券と比較して、在庫管理がとても簡単。
チャージした日時・店舗名・担当者が情報として残せますので店舗での取り扱いも安心です。
端末の操作は難しいですか?
初めての方でも簡単に操作できます。
また、操作をしていて分からなくなった際でも簡単に確認ができる、マニュアルをお付けしています。
もし万一のトラブル時はどうすればいいですか?
ご安心ください。24時間365日対応のカスタマーサポートセンターにてご相談を承ります。
どのような営業時間の業態にも対応可能です。

カードの仕組みについて

カードは使い切りでしょうか?
貴社のご要望に応じて、「使い切り」にするか「リチャージ」にするかを選択することができます。
「使い切り」はギフト用として、「リチャージ」は自分利用として、それぞれカードデザイン・種別を分けることも可能です。
ギフトカードは額面未満の利用だった場合、お釣りは出るのでしょうか?
現金でのお釣りは出ません。残額はそのままカード残額情報として残りますので、次回またご利用が可能です。
カード残高を現金にできますか?
換金、払戻しはできません。
カードのチャージ残高はどこで確認できますか?
レシートおよび店舗での確認が可能です。また、カードに印字されたカード番号とPIN番号を
入力することで、パソコン、モバイル端末上での残高確認が可能です。
サイトへのアクセスがしやすいように、カード裏面にQRコードを印字いたします。
オンラインショッピングで使用することは可能ですか?
レピカはオンライン決済に対応させることも可能です。
カード番号とPIN番号の入力により、店舗と同様にカードを利用した決済が可能です。
複数枚のカード残高を1枚のカードに統合することはできますか?
複数枚のカードをお持ちであっても、各カードの残高を1枚に統合することはできません。
お会計の際に残高が足りなかった場合は?
不足分を現金でお支払い頂くことも可能です。
また、リチャージ式のカードの場合は、チャージをして残高金額を増やした後にお会計をすることも可能です。

その他

代理店としてrepicaカードを販売することは可能ですか?
■電話:03-5414-3611(平日10:00~19:00)
■Eメール:contact@repica.co.jp

商品詳細や導入事例はこちら>>>

ポイントカード・ギフトカード・プリペイドカードの作成、導入は「point+plus(ポイントプラス)」
ポイントカード・プリペイドカード・販促カード・ギフトカード・メンバーズカードの作成、導入は「point+plus(ポイントプラス)」をご検討ください。
「point+plus(ポイントプラス)」に関する、よくある質問をまとめたページです。ぜひご相談ください。